便秘解消のための水分補給のポイント

便秘解消のためには、便を硬くしないため、そして便をスムーズに腸内で流すために、
じゅうぶんな水分補給をしておくことが不可欠です。

 

便秘対策としてどんな水分補給をすればいいのか、それをご説明しましょう。

 

ただの水よりミネラルウォーター!

では次に、どんな水を飲めばいいのかというと、これはぜひとも、ミネラルウォーターをおすすめしたいです。

 

特におすすめしたいのは、海外産のミネラルウォーター

 

海外産のミネラルウォーターは、ミネラル分が多いので、
マグネシウムをはじめとして、便秘対策に役立つミネラルの補給ができるんですよ。

 

ちなみにミネラルの多さは、水の「硬度」を見れば分かります。
硬度が高ければ高いほどミネラルが多いですよ。

 

最低でも硬度100以上、できることなら硬度400以上のものを選ぶのがおすすめです。

 

ただし、ミネラルが多いといっても、「ナトリウム」の含有量が多いものはやめましょう。

 

ナトリウムとは塩分のことですから、これが多いミネラルウォーターは味に違和感がありますし、
何より塩分過多になるリスクが出てしまいます。

 

寝る前・起床時は必ず水分補給をしよう!

「1日1リットル以上の水分補給」をどのタイミングですればいいかというと、
基本的にはほぼ自由なのですが、絶対に「寝る前と起床時には水分補給をする」
というのは守りたいですね。

 

その理由はまず、就寝時は当然ながら水分補給をしない分、
寝ている間の汗や呼気で水分不足になりやすい、ということ。

 

就寝中に大腸を水分不足にしないためにも、寝る前の水分補給は大切なのです。

 

また、起床時の水分補給は、就寝中に水分不足となった体をうるおすだけでなく、
消化器官に目覚めを与えるという役割も果たしてくれますよ。

夏場は水分補給量を増やそう!

さて、先ほど「水は1日1リットル以上飲む」と言いましたが、あくまでこれは「さほど汗をかかない季節」の話。
夏場になると汗をかき、他の季節よりも体から水分が出て行きやすいので、その分多めに水分補給をする必要があります。

 

また、夏場の水分補給の注意点としては、「暑いからといって、冷たい水を一気飲みしない」
ということが挙げられますね。

 

なぜかというと、一気飲みをした場合、
その水分のほとんどは尿と汗になってすぐに出てしまい、大腸まではあまり到達しないのです。

 

それに、冷たい水を大量に飲むと胃が弱り、胃が弱った状態のままだと、
消化の際に腸にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

これがまた消化不良による便秘の引き金となってしまうこともあるんですよ。

 

夏場の水分補給は一気飲みではなく、「コップ1杯程度の水をこまめに補給する」というのが正解です。

飲み水は1日2リットル必要!?

便秘解消のために欠かせない水分補給。
ですが実際のところ、どれくらいの水を飲めばいいのでしょうか?

 

「水飲みダイエットなどでは、1日2リットルと言われているから、それと同じくらい?」と思われるかもしれませんね。

 

ですが、水をそこまでたくさん飲む必要はありません。
というのも、ごく普通の食事をしていれば、食事から1日1リットル前後の水分は得られるんですよね。
ですから水を飲むのは「1日1リットル以上」と心がけていればOKです。

 

ただし、「汁物のおかずがない」など、
食事中の水分摂取が少ない人は、その分を考慮して、水は多めに補給しておくことが必要です。

 

ミネラルウォーターに○○を足して便秘解消!

水をたくさん補給することで便秘解消効果が期待できるのですが、
飲むときの水に入れて飲むとより効果がアップするのがオリゴ糖。

 

オリゴ糖は善玉菌のエサになる成分なので、摂ると腸内環境が活性化します。
粉末状のオリゴ糖は甘みが少なくてパウダータイプのものが多いので、
スプーン1杯をミネラルウォーターのペットボトルに入れて飲むとよいでしょう。

 

これで便の軟化+腸内活性化で高い便秘解消効果が狙えます。

 

重度の便秘でお悩みの方におすすめの方法です。

 

便秘解消効果の高いオリゴ糖はこれ

関連ページ

マグネシウムの摂り方|おすすめの飲み物と食べ物とは?
便秘解消にはミネラルは欠かせない存在です。ここではミネラルの中でも特に便秘に効果のある「マグネシウム」について詳しく説明します。またマグネシウムの摂取法のポイントもご紹介しています。