ちょっとリスクあり!?でも便秘対策に試してみたい飲み物

さて、ここまでご紹介した便秘解消のための食事療法は、すべて「正統派」の部類に入るものですが、
それだけじゃ物足りない!という人は、あえて「邪道」なことをやってみましょうか。

 

すこ〜しリスクがあるかもしれませんが、意外と効果が期待できるものをいくつかご紹介します。

空腹時に飲めば効果あり!?腸をググッと刺激する飲み物

 

空腹時にカフェイン飲料を飲むと、カフェインによる胃腸の刺激作用で、

便意をもよおす、という人は少なくありません。

 

そして数あるカフェイン飲料の中でも、
特に便意をもよおしやすいと評判なのが、コーヒーです。

 

朝目覚めたらすぐにブラックコーヒーを飲む、というのを、
便秘解消の切り札として使っている人も居るくらいですからね。

 

朝にコーヒーを飲むことは、
ある意味「朝のスイッチを入れる」という点でも役立ちますので、
正攻法で便秘解消がうまく行かない人は、試してみてもいいでしょう。

 

ただし、カフェインというのは基本的には刺激物ですので、
これを使っての便秘解消はあくまで「腸をビックリさせて動かす」というスタンスであることを忘れないで下さい。

 

腸のぜん動を、自然に誘発するのとは別物なのです。

 

また、カフェインは摂りすぎると神経の興奮が長時間おさまらない状態になるため、
睡眠等に悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。

 

ですからコーヒーでの便秘解消は「クセにならない程度」の頻度に留めておきたいですね。

種類を選べば強い味方!?腸のぜん動をうながす飲み物

腸を刺激して、ぜん動をうながす飲み物としては、「炭酸飲料」が挙げられます。

「飲み会でビールをたくさん飲んだらお通じが良くなった」という経験を、したことはないでしょうか。

 

あれがまさに、炭酸の刺激による
あなたも便秘解消効果の代表例です。

 

 

腸に刺激を与えるといっても、コーヒーのカフェインのような刺激物ではなく炭酸による刺激なので、
腸に与える負担のデメリットは非常に少ない、と言えるでしょう。

 

しかし、炭酸飲料にデメリットがないわけではありません。

 

ビールならカロリーとアルコールの摂りすぎが気になりますし、
市販の炭酸飲料だと、カロリー・糖分・さらに添加物が心配になりますね。

 

 

こうしたリスクを避け、

炭酸の効果だけを得たい時は、
炭酸水にオリゴ糖とレモン汁を入れるなど、
手作りの炭酸飲料を作るのがおすすめです。

 

オリゴ糖は甘みづけの効果以外にも
善玉菌のエサになるということで腸内環境を活性化させる働きがあります。

 

なので炭酸の刺激+腸内環境活性化で高い便秘解消効果が狙えます。

 

私が実際に使ってみて効果の高かったオリゴ糖を紹介していますので、
興味があったらぜひ見てみてください。

 

私が一番便秘解消効果を実感したオリゴ糖

 

 

ただし、たとえ手作りの炭酸飲料であろうと、
「ガスが溜まるタイプの便秘」の人は、飲んではいけません。

 

そうでなくともガスが溜まっているところに炭酸ガスが加わると、
おなかの張りがひどくなって、余計に苦しくなりますよ。

関連ページ

腸の働きを良くしてくれる飲み物|快腸ドリンクレシピ
こちらでは便秘改善に効くスペシャルドリンクをご紹介します。用意する食材も身近なモノを使用。作り方に関してもとても簡単で自宅で簡単に作れます。是非一度飲んで頂いて、効果の程を実感してみてください。
即効性のある便秘茶のおすすめランキング
スッキリと早く便秘解消させたい方におすすめなのが「便秘茶」です。便秘解消効果が高く、飲みやすいものを集めてランキングにしたので参考にしてみてください。