外食が多い方に!

仕事の都合などでどうしても外食が多い、という人にとって、
「便秘解消のための食事療法の実践」というのはなかなか難しい部分があります。

 

しかし、メニューの選び方等を少し工夫するだけでも、便秘の悪化を食い止めることくらいは可能です。
「何も考えずに外食する」という状態よりは、はるかにいいですよ。

 

単品メニューは避けよう!

便秘の人が外食をする際に避けたいメニューといえば、単品メニューです。
単品メニューは、「主食の米や麺以外でほとんど食物繊維が取れない」
「ミネラル等も不足する」という大きな欠点がありますからね。

 

ですから可能なかぎり、単品のメニューではなく、

定食などおかずの種類が多いメニューを選ぶようにしましょう。

 

定食も、揚げ物メインの定食ではなく、
焼き物と野菜が多いものを選ぶのがベストです。

 

どうしても単品メニューを食べたい場合は、
「単品として食べるのではなく、サラダや味噌汁などを別につけて食べる」
という程度の工夫は最低限でもしておきましょう。

 

また、ごはんについて、白米だけではなく炊き込みご飯や雑穀米を選ぶことができる店もありますが、
この場合は炊き込みご飯や雑穀米を優先的に選びたいです。

 

雑穀は食物繊維もミネラルも豊富ですし、炊き込みご飯も、
具に食物繊維豊富な食材が使われているという点で、便秘対策に使えるというわけです。

 

うどんよりそばを選ぼう

うどんなど「和の麺類」を食べる場合は、うどんよりもそばを選ぶのがおすすめです。

 

うどん店には、「麺はうどんかそばかを選べます」というところが多いので、
そうした店に行った場合は迷わずそばの方を選びたいですね。

 

そばはうどんと比べると食物繊維がずっと多いため、便秘対策としてはうってつけなのです。

 

インド料理店・地中海料理店は便秘解消の味方!

「外食に行く店をかなり自由に選べる」という環境であれば、
インド料理店または地中海料理店に行くのがおすすめです。

 

なぜ、この2種類の店がおすすめなのかというと・・・

 

インド料理店では、あらゆる料理に、
ハーブやスパイスがたくさん使われています。

 

このハーブやスパイスの中には、
整腸作用にすぐれているものも多いんですよ。

 

さらにインド料理のデザートといえばヨーグルト系が定番ですし、
ドリンクも「ラッシー」というヨーグルトドリンクがありますので、乳酸菌摂取も無理なくできます。

 

地中海料理は、こちらも整腸作用が期待できるハーブやスパイスをたくさん利用している、というのと、
油分としてオリーブオイルを積極的に使っている、という点で便秘対策に使えます。

 

実際、インド料理店や地中海料理店によく足を運ぶ人は、
「インド料理店や地中海料理店に行った日は必ずお通じがある」と感じることも多いですよ。

 

どちらも味もおいしいし、無理なく便秘対策ができる、おすすめの外食先です。

関連ページ

便秘に悩む人のための、お弁当の工夫
こちらでは昼食はどうしてもお弁当になってしまうという方に、コンビニ弁当の選び方や、お弁当を作る時のポイントなど、少しでも栄養バランスをとれるよう工夫の仕方をご紹介していきますのでお試しください。
便秘を解消するための薬
世には数々の便秘対策術が出回っていますが、その中で本当に重要な対策は何かと言うと「食事療法」なのです。根本から便秘を解消するには「便を出す腸そのものを元気にすることが大切だからです。こちらのサイトでは食事療法に関する情報を網羅していますので一度ご覧いただくとこれからの便秘対策に必ず役立つ事となると思います。