要注意!食物繊維、こんな摂り方はNG

食物繊維は便秘解消に欠かせない存在ですが、
摂取のやり方を間違えると、便秘解消に役立つどころか、
むしろ便秘を悪化させてしまう可能性があります。

 

どんな食物繊維摂取が、便秘悪化を招いてしまうのでしょうか?

 

「便秘解消に玄米」には注意が必要!

玄米は、食物繊維豊富ということで、
便秘解消に役立つ、と世間では認識されていますよね。

 

ところが実際には
「便秘解消のために、白米の代わりに玄米を食べているんだけど、
便秘が解消するどころかむしろ悪化している気がする」
というような悩みを抱えてしまう人も少なくありません。

 

実は、玄米による便秘解消というのは、
長年の便秘で、ましてや下剤の利用等で腸が弱っている人にはちょっと不向きなんですよ

 

というのも、玄米の食物繊維は「不溶性食物繊維」と言って、
水に溶けないタイプの食物繊維なのですが、玄米の不溶性食物繊維は、特に硬いんですよね。

 

腸が弱っている状態で硬い不溶性食物繊維を大量に摂ると、
未消化になってかえって腸に負担をかけてしまうことがあるんですよ。

 

便秘解消に効果的な玄米の食べ方

便秘がすでにひどい状態の人が玄米を食べる場合は、ある程度他の方法で便秘解消を試してみて、
状況が多少改善されてきた頃に、さらなるサポート役として玄米を取り入れる、という形にするのがおすすめです。

 

また、玄米を炊く時は水にひたす時間を白米よりもずっと長くすること、
そして食べる際は絶対に早食いせず「よく噛んで食べる」ということが大切です。

 

少しでも「玄米の食物繊維をほぐしておく」ということが、腸に負担をかけないためのポイントとなるわけですね。

 

また、玄米の不溶性食物繊維がちゃんと腸内で流れられるよう、
汁物のおかずと一緒に食べるなど、水分補給も忘れないようにしましょう。

 

2種類の食物繊維をバランスよく摂ろう!

食物繊維には、水に溶けてふくらみ、便そのものをやわらかくするのに役立つ「水溶性食物繊維」と、
水に溶けず、体内の水分に押し流されるようにしながら、腸を掃除していく「不溶性食物繊維」とがありますが、
この2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

 

穀類・野菜類・きのこ類・大豆など、
一般的によく食べる食材には、どちらかと言えば不溶性食物繊維が多く含まれています。

 

これに対して、水溶性食物繊維が多いのは海藻類や果物類、こんにゃくなどです。

 

「食物繊維を摂ればいい」とひと言でまとめるのではなく、
「食べる量が少なくなりがちな、水溶性食物繊維食品も意識する」ということを心がけましょう。

 

サプリなどによる食物繊維の摂りすぎに要注意!

「食事で食物繊維を摂るのは面倒だ、

サプリを使うと、食物繊維の目標摂取量をクリアするのが楽になる」と思い、
サプリで大量に食物繊維を摂ろうとする人がいます。

 

しかしこれは、
健康面のリスクが高いやり方なんですよ。

 

なぜかというと、「食物繊維を食事からきちんと摂らない」という時点で、
栄養バランスが崩れてしまっている可能性大。

 

しかも、食物繊維だけを不自然に大量に摂ってしまうと、
「食物繊維が貴重な栄養の吸収を阻害する」というでメリットが生まれてしまうこともあるのです。

 

栄養バランスが崩れている上に、残った栄養の吸収まで阻害される・・・これでは腸内の健康はとても保てません。

 

サプリの使用はあくまで「最低限のサポート」というスタンスにしておくことが大切ですよ。

 

水分がなければ働けない!

食物繊維が便秘解消のために力を発揮するには、じゅうぶんな水分が必要です。

 

水溶性食物繊維は、それ自体が水分をとりこむことで便をやわらかくしますし、
不溶性食物繊維も、それを流してくれる水がなければ、腸内で詰まるだけなのです。

 

「トイレに行きたくなったり、むくみが出るのが嫌だから」と水分摂取を控えるのは絶対にNGですよ。

 

理想的な食卓の献立は「一汁三菜」と言われますが、
実際、汁物を献立の中に入れることは、水分摂取をするために非常に大切なことなのです。

 

食事にはできるだけ汁物のおかずを加えるようにし、
それがない場合には水やお茶などをしっかり飲むようにしましょう。

 

ちなみに、冷たい水ではなく温かい水を飲むと、トイレやむくみに対する影響を減らせる可能性がありますので、
トイレやむくみ防止のために水分を控えたいという人は、まずはそこから試して下さいね。

 

関連ページ

食物繊維を多く含んだ食べ物はコレ!
現在の人達は食物繊維の摂取目標量に達していないのが現実。そんな方達に食物繊維をしっかり摂る工夫や、どんな食材に食物繊維が含まれているのかをご紹介していますので、日々の便秘対策に取りいれてみてください。