便秘に効果抜群な善玉菌

便秘解消のためには「腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を健康な状態にするのが大切」とよく言われていますよね。

 

これはまさにそのとおりで、善玉菌が多く腸内が健康であれば、腸のぜん動もしやすくなりますし、
便自体も空気と水分をしっかり含んで理想的なやわらかさを保ちやすくなります。

 

というわけでここでは、腸内の善玉菌を増やすためのおすすめメニューをいくつかご紹介しましょう。

 

まさに鉄板!ヨーグルト+オリゴ糖のタッグ

善玉菌を増やすメニューの「鉄板」と言えば、
なんといってもヨーグルトとオリゴ糖のタッグでしょう。

 

ヨーグルトのビフィズス菌が、オリゴ糖をエサにする、
ということで、腸内でビフィズス菌が元気に活動しやすくなるわけですね。

 

しかし、ビフィズス菌は基本的に酸に弱く、
ほとんどが胃酸で死んでしまいます。

 

ですからヨーグルトを選ぶ際は、
無糖のものでなおかつ
「生きて腸まで届く」というタイプのものを選ぶのが正解。

 

これに砂糖ではなく、オリゴ糖を入れて食べましょう。
オリゴ糖は善玉菌のエサになるので、腸内環境活性化につながります。

 

>>おすすめのオリゴ糖ランキングはこちら<<

発酵食品の乳酸菌にも注目!

 

腸内の善玉菌である乳酸菌の摂取をするとなると、
どうしても「ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌豊富なヨーグルト」というのが真っ先に思い浮かびますが、乳酸菌が豊富なのはヨーグルトだけではありません。

 

チーズやキムチ・漬物・野沢菜・味噌・しょうゆなどの発酵食品にも、乳酸菌は含まれているんですよ。

 

キムチや漬物などに含まれている乳酸菌は「植物性乳酸菌」といって、動物性の乳酸菌に比べると酸に強く、腸まで生き残った状態で届きやすいのが最大のメリットです。

 

ですから、「朝食はパン派ではなくご飯派だ」という人は、
朝食に漬物や味噌汁を添えるようにして、植物性乳酸菌の摂取を心がけたいものですね。

 

また、納豆の納豆菌も、乳酸菌のエサとして役立ってくれるという特徴を持っていますので、
和食系の朝食にはぜひ取り入れたいですね。

こんな飲み物飲んだことない!?意外な善玉菌サポートドリンク

実は玉ねぎには、オリゴ糖が結構たくさん含まれています。
玉ねぎを加熱すると出てくる甘みは、オリゴ糖の甘みなんですよね。

 

この玉ねぎを、適度な大きさに切ってコトコトと煮て甘みを出し、
ミキサーにかけて飲む「玉ねぎドリンク」は、オリゴ糖と食物繊維補給が一気にできるのでおすすめです。
見た目よりも意外とおいしいですよ。

 

さらに玉ねぎには、体内の有害物質を追い出して悪玉菌を減らす成分も含まれているので、
この点でも善玉菌のサポートに役立ってくれます。