即効性を求めるならマッサージ

便秘解消にはマッサージがいいと言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

答えはYESです。

 

腸を刺激して便通を促すことができるからです。

 

では、どのようにマッサージすればいいのでしょうか?
ここでは簡単にすぐできるマッサージ方法を紹介します。

 

基本的なマッサージ方法

まずは、いつどこでもやれる簡単なマッサージを紹介します。
それは、

  • 暖かい手で
  • おへその周りをさする

という方法です。

 

おへその周り直径20センチを時計回りにくるくるとさすりましょう。
これは外出先のトイレでも簡単にできることなので、
あと一歩のところで出そう!というときにやってみてはいかがでしょうか。

 

ねじれ腸と落下腸

便秘に悩んでいる方で、

  • 子どもの頃から便秘がち
  • 腹痛を伴う便秘
  • 便秘の後に下痢や軟便になる
  • 運動量が減ったときに便秘になる

という方は、もしかしたら「ねじれ腸」か「落下腸」という状態になっているかもしれません。
ねじれ腸・落下腸とは一体何なのでしょうか?

 

ねじれ腸とは

ねじれ腸とは、その名の通り大腸がねじれている状態のことを言います。
腸には「横行結腸」「下行結腸」「S状結腸」というねじれやすい部分があり、
そこに便がたまって詰まってしまいます。
 
また、たまった便により腸が伸びてしまいさらにねじれが悪化して便秘を招きます。

 

このようなねじれ腸は治すことが難しいので、毎日のマッサージで改善させる必要があります。

 

ねじれ腸のマッサージ方法

まず、ねじれ腸には「横行結腸」「下行結腸」「S状結腸」というねじれやすいポイントがあります。
それぞれの詰まりを流すために順番にマッサージしていきます。

 

横行結腸から下行結腸のマッサージ

立った姿勢で肩幅に足を開き、両手を広げて体を左右にねじります。
(目安:1分間)

下行結腸のマッサージ

仰向けになって腰の下にクッションを敷き、両膝を立てます。
左側の肋骨の下あたりから骨盤にかけて腸を揺らすようなイメージで両手で押していきます。
(目安:1分間)

S字結腸のマッサージ

下行結腸マッサージと同じ体勢で、おへその下から恥骨にかけて両手で押します。
その後、反対に下から上に持ち上げるようにマッサージします。
(目安:1分間)

 

この一連の流れを朝食前と就寝前に1セットずつ行うと、ねじれ腸が改善され便秘解消につながります。

 

落下腸とは

落下腸とは、本来お腹の後ろ側に固定される横行結腸が生まれつき固定されておらず、
骨盤内に落ち込んでしまっている状態を言います。
腸が骨盤内に落ちると、折り重なって腸のカーブがきつくなり、便が出にくい状態になります。
また、便が出にくいので腸が伸びてしまいさらに便秘が悪化します。

 

特徴としては、ねじれ腸のような便秘の症状があったり
立ち上がると下腹がぽっこり出てしまうような方が可能性として挙げられます。

 

落下腸は治すことはできないので、マッサージで改善させるしか方法はありません。

 

落下腸のマッサージ方法

こちらは「落ちてしまった腸を押し上げること」と「S字結腸を刺激すること」がポイントになります。

腸を押し上げるマッサージ

仰向けに寝て腰の下にクッションなどを入れて両膝を立てます。
下腹部からおへその上まで両手で押し上げます。
(目安:1分間)

 

S字結腸を刺激するマッサージ

上記の体勢のまま、恥骨のあたりを両手で上下に移動させながらつつくように揺らします。
(目安:1分間)

 

こちらも朝食前と就寝前に1セットずつ行いましょう。

 

このように、すぐにできるマッサージ方法や、
毎日コツコツ積み重ねていくマッサージを習慣にして、
便がたまりにくい体へと変えていきましょう。