便秘になる原因

便秘になる原因は、人によってさまざまです。
ここでは、便秘を招く原因にはどんなものがあるかについてお話ししましょう。

食生活の乱れ

便秘の最大の原因として挙げられるのは、「食生活の乱れ」です。

 

食物繊維が少ない、間食が多い、肉ばかり食べて野菜不足、発酵食品不足、無理なダイエットなどをしていると、腸内環境がどんどん悪化し、悪玉菌優位となってしまいます。

 

ストレス

「ストレスは万病の元」と言われますが、このストレスは便秘を招く原因にもなってしまいます。

 

なぜ、ストレスが便秘につながるのかというと・・・腸内で便を肛門に送り出すための「ぜん動」は、副交感神経がきちんと働いてこそ正常に動くものなのですが、強いストレスを受けると、交感神経が優位になり、ぜん動をうながすための副交感神経の働きそのものが不足してしまうのです。

 

また、便秘になってしまうと、便秘そのものがストレスとなり、さらなる悪循環におちいってしまうケースも珍しくありません。

 

生活習慣の乱れ

腸のぜん動を活発にするために不可欠な副交感神経の働きを低下させてしまう要素は、ストレスだけではありません。

 

睡眠不足などの生活習慣の乱れも、「交感神経優位・副交感神経低下」という事態を招く要因となります。

 

運動不足

意外に思われる人もいるかもしれませんが、「運動不足」というのも、便秘の原因となります。

 

腸を支え、腸に刺激を与える筋肉は腹筋なのですが、運動不足で腹筋が衰えると、腸の支えも刺激も弱まってしまうというわけです。

 

また、腸のぜん動も、「運動をすることにより活発になる」という性質を持っているので、逆に運動不足であれば、当然のことながら、ぜん動も弱まってしまうのです。

 

水分不足

気をつけているようでいて、案外陥ってしまいがちなのが「水分の摂取不足」です。

 

便が腸内をスルッとすべりやすくなるには、「便が水分をたっぷりと含んで柔らかい状態になる」ということも大切なのですが、水分摂取が足りないと、便も水分不足でカチカチになってしまうのです。

 

冷え

女性の大きな悩みのひとつである「冷え」も、便秘の原因になります。

 

冷えると、筋肉が緊張するだけでなく、血管が収縮して血行不良が起こります。
すると、血液によって運ばれる酸素や栄養が不十分となるため、腸も「緊張によるこわばり+酸素不足・栄養不足」という状態になって、動きが鈍ってしまうのです。

 

排便のガマン

よくないと言われていてもついつい行ってしまうのが「仕事中などに便意が来た時に排便をガマンするという行為」です。

 

せっかく便意が来ているのに、排便をガマンするということを繰り返してしまうと「脳の命令と、腸・肛門の排便メカニズムの連携」がだんだん悪くなってくる可能性があるのです。

 

女性や高齢者は特に羞恥心や周りへの配慮から、自分のことを二の次にしてしまいがちなので、スマートにトイレに行ける方法を模索しましょう。

 

 

その他の原因

便秘の原因には、これ以外にも、以下のようなものも挙げられます。

 

  • 妊娠や、生理のサイクルによるホルモンバランスの変化
  • 服用している薬の副作用
  • 大腸がんなど、腸そのものの病気や異常
  • 糖尿病や甲状腺機能低下症などの全身性疾患

便秘になる原因を知ろう記事一覧

便秘のタイプを大きく分類すると、「器質性便秘」と「機能性便秘」の2種類に分けられます。この2つのタイプの便秘とはそれぞれどんなものなのか、ご説明しましょう。器質性便秘とは器質性便秘とは、ごく簡単に言えば「腸そのものの状態が異常であり、それによって起こる便秘」を指します。大腸がんなどの腸の病気や、先天性の腸の異常などによる便秘が、この器質性便秘に該当します。器質性便秘の問題は、「ぜん動を活性化させれ...

便秘になってしまうと、腸内に長く便がとどまることで便が腐敗し、腐敗便が発した有毒な物質が腸壁から吸収されて血液内に入ってしまいます。そして、血液に入ってしまった有毒物質は、血の流れとともに全身に回ってしまい、それが原因で美容上・健康上において、さまざまな不調をもたらしてしまうのです。便秘が引き起こす不調の代表例としては、肌荒れ・肩こり・だるさ・ストレス(イライラ感)・頭痛などが挙げられます。大腸が...

便秘になりやすいかどうか、というのは、体質等によってかなり個人差がありますが、基本的には「若い男性に比べて腹筋が弱い女性や高齢者は、便秘になりやすい」という傾向が強いです。ですが、現実を見ると「女性や高齢者全員が便秘」というわけでもありませんよね。女性や高齢者の中でも、特に便秘になりやすいタイプの人って、どんな人なのでしょう?ダイエット中の人便秘になりやすいタイプの人としてまず挙げられるのが「ダイ...

「便秘を放置しておくのはよくない、ということは知っているけれど、自分が便秘なのかどうか、それがイマイチよく分からない」という人は、意外と多いものです。「便秘である」という症状は、どういう症状を指すのか、それについてお話ししましょう。「毎日排便がなければ便秘」は間違い!?便秘についての、よくある誤解の代表格と言えるのが、「毎日きちんと排便できなければ便秘である」という説です。もちろん、「毎日スッキリ...