発酵食品が便秘解消に役立つ理由

発酵食品が便秘解消に役立つ理由として「乳酸菌が摂れる」または「乳酸菌の増加・活性化に役立つ菌や微生物が摂れる」というのが挙げられます。

 

ちなみに、発酵についての疑問でよく「発酵と腐敗とはどう違うのか」というのを耳にしますが、これは簡単に言うと

 

発酵=人間にとって有益な菌や微生物などを増やす
腐敗=人間にとって害になる菌や微生物・カビなどが増える

 

という違いがあります。

 

この「人間にとって有益な菌や微生物」というのが、乳酸菌や、その乳酸菌を手助けする菌や微生物であったりするわけですね。

 

たとえばヨーグルトなどは乳酸菌そのものがたっぷり含まれていますし、納豆の場合は「乳酸菌そのものの含有はあまり期待できないものの、納豆菌が乳酸菌増殖の手助けになる」という側面があるため、有益と言えるのです。

 

発酵食品の例

 

では、実際に発酵食品とはどんな食品を指すのか、その例をいくつか挙げてみましょう。
有名な発酵食品としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 発酵バター
  • 漬物
  • キムチ
  • 納豆
  • 味噌
  • マッコリ

 

これらの食品を大別すると、ヨーグルトやチーズ・発酵バターは動物性乳酸菌が豊富な発酵食品で、漬物・キムチ・味噌・マッコリは植物性乳酸菌が豊富な発酵食品、と言えます。
どちらの乳酸菌も、腸の健康に役立つ重要な存在です。

 

そして納豆は、先ほども挙げたとおり、「乳酸菌そのものの含有はあまり期待できないが、納豆菌が乳酸菌増加の手助けをしてくれる」という特性を持っています。

 

関連ページ

どんな野菜が便秘解消に効果がある?
世には数々の便秘対策術が出回っていますが、その中で本当に重要な対策は何かと言うと「食事療法」なのです。根本から便秘を解消するには「便を出す腸そのものを元気にすることが大切だからです。こちらのサイトでは食事療法に関する情報を網羅していますので一度ご覧いただくとこれからの便秘対策に必ず役立つ事となると思います。
便秘解消にヨーグルトは効果的?
便秘解消のための「切り札的な食べ物」としてよく紹介されるのが、ヨーグルトです。 ヨーグルトが便秘に効果的と言われる理由とその効果をより高める食べ方についてご説明します。
海藻類で便秘解消をサポート
わかめや昆布・ひじきなどの海藻類は、便秘解消のための頼もしいサポート役。 腸内環境に一役買うばかりでなく、ミネラル豊富な上に低カロリーという、女性には心強い味方です。
豆類で便秘を解消しよう
便秘解消のサポート役として頼もしい存在と言えば、豆類も挙げられます。 どういう点が便秘解消に役立つのかなどをご説明しましょう。
きのこ類を食べて便秘を解消しよう
きのこ類も、便秘解消のために役立てたい名脇役です。なぜなら、きのこ類は「地味な見た目」でありながら、食物繊維が豊富なんですよ。
プルーンで便秘解消するって本当?
「プルーンの効能」と言えば、あなたは何を連想しますか? 「鉄分豊富なので、鉄分不足解消に役立つ」というのがもっとも有名でしょうが、それだけではありません。 実はプルーンは、便秘対策においても、頼もしい力を持っているのです。