海藻類が便秘解消に役立つ理由とは?

海藻類が便秘解消に役立つ理由とは、ズバリ「水溶性の食物繊維を、非常に豊富に含んでいる」という点です。

 

水溶性食物繊維は、便に水分をたっぷりと含ませて便にやわらかさを持たせ、腸内を滑りやすくするために欠かせない存在です。
海藻類を食べれば、この水溶性食物繊維が効率よく摂れる、というわけです。

 

海藻類の効果的な摂り方

 

海藻類の水溶性食物繊維のパワーを効果的に生かすためには、何よりも「しっかりと噛むこと」が重要となってきます。

 

海藻に含まれている水溶性食物繊維とは、あの海藻独特の「ぬめり」となって出てくるのですが、わかめやおやつ昆布などを口の中でしっかりと噛めば噛むほど、そのぬめり感が増してくるのが理解できるはずです。

 

海藻というのは、細かく砕かないと消化が悪いので、せっかく海藻類を食べても、あまり噛まない状態だと「水溶性食物繊維の多くが、海藻の中に閉じ込められたままで、海藻自体もろくに消化されず、体外に出てしまう」という感じになってしまいますので注意しましょう。

 

また、おやつ昆布など、水分の少ない海藻類を食べる時は、水分摂取も忘れずおこないたいですね。
水溶性食物繊維は、じゅうぶんな水分が体内にあってこそ、その力を発揮できるのです。

 

そして「海藻類の食物繊維をもっとも手軽に摂る方法」としては、ご飯を炊く際に、寒天の粉末を加える」という方法があります。

 

実は寒天も海藻類のひとつで、しかも、水溶性食物繊維含有率はトップクラスに高いんですよ。
最初は、「お米1合に対して寒天1グラム」程度の配合から始めてみましょう。
慣れたら、もう少し増やしてもかまいません。

 

また、寒天を入れて炊くお米を、白米ではなく「5分づき」などの分づき米にすれば、ぬか部分に含まれる不溶性食物繊維も一緒に摂れるので、一石二鳥です。

関連ページ

どんな野菜が便秘解消に効果がある?
世には数々の便秘対策術が出回っていますが、その中で本当に重要な対策は何かと言うと「食事療法」なのです。根本から便秘を解消するには「便を出す腸そのものを元気にすることが大切だからです。こちらのサイトでは食事療法に関する情報を網羅していますので一度ご覧いただくとこれからの便秘対策に必ず役立つ事となると思います。
便秘解消にヨーグルトは効果的?
便秘解消のための「切り札的な食べ物」としてよく紹介されるのが、ヨーグルトです。 ヨーグルトが便秘に効果的と言われる理由とその効果をより高める食べ方についてご説明します。
発酵食品は便秘解消に効く?
「便秘解消には発酵食品がいい」という説を、あなたは聞いたことがありますか? 発酵食品とは、食材を発酵させ、特定の菌や微生物などを増やし、活性化させるというものです。 そんな発酵食品の、便秘に対する作用について見てみましょう。
豆類で便秘を解消しよう
便秘解消のサポート役として頼もしい存在と言えば、豆類も挙げられます。 どういう点が便秘解消に役立つのかなどをご説明しましょう。
きのこ類を食べて便秘を解消しよう
きのこ類も、便秘解消のために役立てたい名脇役です。なぜなら、きのこ類は「地味な見た目」でありながら、食物繊維が豊富なんですよ。
プルーンで便秘解消するって本当?
「プルーンの効能」と言えば、あなたは何を連想しますか? 「鉄分豊富なので、鉄分不足解消に役立つ」というのがもっとも有名でしょうが、それだけではありません。 実はプルーンは、便秘対策においても、頼もしい力を持っているのです。