ヨーグルトが便秘に効果的である理由

何故ヨーグルトが便秘に効果的かというと、それは「乳酸菌が豊富に含まれている」からです。

 

乳酸菌=善玉菌であり、腸の健康維持・増進には欠かせない存在です。
つまりヨーグルトは「善玉菌を手軽に摂れる」という点で、支持されているというわけです。

 

「でも、ヨーグルトの乳酸菌って、腸に届くまでにみんな死んじゃうって聞いたことがあるけど」という人もいるでしょう。

 

確かに、ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は胃酸に対して非常に弱いという弱点を持っているので、せっかく口から摂取しても、そのほとんどが胃酸で殺されてしまいます。

 

「生きて腸まで届く」などという記載がパッケージにない限り、「ヨーグルトに含まれる乳酸菌はほとんどすべて死ぬ」というのは、間違いのない事実と言えるでしょう。

 

ですが実は、乳酸菌は死んだ状態で腸に届いても無駄にはなりません。
乳酸菌の死骸に含まれる物質等が、腸内に生息している乳酸菌の増殖に役立つのです。

 

ですから「生きて腸まで届く」などという工夫がされていないヨーグルトであっても、そこに含まれる乳酸菌によって腸内環境正常化が促進されているというわけです。

 

 

ヨーグルトの効果をより高めるために

 

ヨーグルトの乳酸菌は腸に生きて届こうが死んで届こうが、何らかの形で腸内環境正常化に役立ってくれる、ということになるのですが、そのヨーグルトの効果をより高めたいなら、「ヨーグルトの甘みは、砂糖ではなくオリゴ糖でとる」というのがおすすめです。

 

なぜなら、砂糖は悪玉菌の大好物で、オリゴ糖は善玉菌=乳酸菌の大好物だからです。

 

砂糖たっぷりのヨーグルトを食べる、というのは、「善玉菌を増やそうとしている一方で、悪玉菌にもせっせとエサを与えてしまう」ということになるわけです。
これでは、善玉菌だけでなく悪玉菌まで元気にしてしまうので、せっかくの乳酸菌効果も半減してしまいますよね。

 

これに対して無糖ヨーグルトにオリゴ糖を入れて甘みづけをする方法は、乳酸菌とオリゴ糖のダブルパワーで、とても効率のいい善玉菌の活性化・増加が期待できるというわけです。

 

また、ヨーグルトを食べるタイミングは、できれば「朝に食べる」というのがおすすめです。

 

これに関しては、第2008年度日本農芸化学会大会における「ヨーグルトの効果的な食べ方に関する研究 ‐摂取時間帯の比較‐」において、ヨーグルトを食べるタイミングを朝食後・昼食後・夕食後の3グループに分けて排便回数を調査した結果、朝食後のグループがもっとも良い結果を出せたという事実があります。

 

この研究によると、ヨーグルトにはもともと排便回数を増加させる働きがあり、その排便は朝食後であることが多いという事実から、ヨーグルトの便通促進と排便習慣の相乗効果が考えられるということです。

 

他の時間帯では効果がないというわけではありませんが、規則正しい排便習慣をつける意味でも、「朝食の締めとして、オリゴ糖を入れたヨーグルト」を、ぜひ試してみましょう。

関連ページ

どんな野菜が便秘解消に効果がある?
世には数々の便秘対策術が出回っていますが、その中で本当に重要な対策は何かと言うと「食事療法」なのです。根本から便秘を解消するには「便を出す腸そのものを元気にすることが大切だからです。こちらのサイトでは食事療法に関する情報を網羅していますので一度ご覧いただくとこれからの便秘対策に必ず役立つ事となると思います。
発酵食品は便秘解消に効く?
「便秘解消には発酵食品がいい」という説を、あなたは聞いたことがありますか? 発酵食品とは、食材を発酵させ、特定の菌や微生物などを増やし、活性化させるというものです。 そんな発酵食品の、便秘に対する作用について見てみましょう。
海藻類で便秘解消をサポート
わかめや昆布・ひじきなどの海藻類は、便秘解消のための頼もしいサポート役。 腸内環境に一役買うばかりでなく、ミネラル豊富な上に低カロリーという、女性には心強い味方です。
豆類で便秘を解消しよう
便秘解消のサポート役として頼もしい存在と言えば、豆類も挙げられます。 どういう点が便秘解消に役立つのかなどをご説明しましょう。
きのこ類を食べて便秘を解消しよう
きのこ類も、便秘解消のために役立てたい名脇役です。なぜなら、きのこ類は「地味な見た目」でありながら、食物繊維が豊富なんですよ。
プルーンで便秘解消するって本当?
「プルーンの効能」と言えば、あなたは何を連想しますか? 「鉄分豊富なので、鉄分不足解消に役立つ」というのがもっとも有名でしょうが、それだけではありません。 実はプルーンは、便秘対策においても、頼もしい力を持っているのです。